どこに行っても治らない痛みでお悩みの際はお電話を!096-326-5887



痛みとは、不快な情動を伴う感情である

痛みとは?

「An unpleasant sensory and emotional experience associated with actual or potential tissue damage, or described in terms of such damage(実際に何らかの組織損傷が起こったとき、または組織損傷を起こす可能性があるとき、あるいはそのような損傷の際に表現される、不快な感覚や不快な情動体験)」だと、日本ペインクリニック学会は言っています。
 

痛みはなくてはならないもの?

痛みが、もしも感じなかったら、永遠に正座が出来るので学校で怒られても全然効果がないでしょうね。
長いこと同じ姿勢をとると痛みを感じますがそれは、そこでストレスを感じている組織を壊さないためです。
痛みが解らないまま長時間正座をしていると、関節炎などを引き起こします。
楽しい夕食の最中、唇を自分で噛んでも全く気がつかないので傷だらけに。
その料理を作る最中、包丁で怪我をしても何も気づかない。
考えただけでも大変そうですよね。
人が人らしく生活をするのに痛みは不可欠なものなのです。

とはいえ、痛みは味わいたくない。


痛みを取りたいのだけど、そのとるための手段に鍼は使ってほしくない。
鍼は痛みの代名詞。わざわざ痛いところに鍼をさして痛めなくても!

安心してください。 痛くないですよ!

鍼は痛くはありません。
髪の毛ほどの細さの鍼を皮膚にさすのですが、これが痛くないのです。 たまに、蚊のさす程度にチクっとしますが、その程度。むしろ気持ち良いくらいです。
患者様の中では、鍼をするとそこから力が抜けていくとおしゃる方も少なくありません。

どんな症状のときに?

様々な症状の方がいらっしゃいますが、主に肩こり腰痛での来院が比較的多いようです。 その中でも、慢性疼痛、過活動症候群と言われるような患者様もお見えになります。
肩がこったかもしれない?から、コリを通り越して頭が痛くてしょうがないまで、様々な患者様に施術を行っています。

メニュー

1、鍼治療 5000円
2、灸治療 5000円
3、マッサージ 5000円
月初めに初診料1000円をいただきます。
1+3=6000円
2+3=6000円
1+2+3=8000円

カウンセリング

必要に応じてカウンセリングは行いますが、カウンセリングのみも承ります。
その際は、カウンセリング料4500円/30分いただきます。
日時指定で受け付けます。 来院時間に遅れてこられても時間の延長ができないことがあります。 余裕を持ってお越しください。

↑ PAGE TOP